2013年05月01日

老女の冒険


 老女とは私の母のこと。 今年87歳、

自宅------バス停------病院------バス停ーーーーーーー自宅の経路なのだけれど

● 自宅から軽四を自分で運転して福祉会館の駐車場に車を止め、バス停まで徒歩
● バスに何十年も乗ったことが無い母がワンマンバスで病院へ
● 大きい総合病院、病院に備え付けの手押し車で6階の病室まで。
● 片道460円。

「はじめてのおつかい」という番組を思い出してしまう。
バス時間を調べて、時刻表とバス会社と私の電話番号を大きく書いて、説明して、今朝、母のバックに付けてあげた。
夕方、「母より病院に行ってきたよぉ〜〜」と電話が来た。

母は言う。
70年も連れ添うと、顔を見て安心したい特別な思いがある。
いつも、いつも家族や私に世話になりながら、病院にいくのは気兼ねだ。
何とか自分で、行きたいと。


この3月から夫は砺波市の病院に入院、
1日おきに母と私、二人で見舞いに行き、母と同居の家族も交替で、時間をあけて行ってはくれていたが、
母にすれば、毎日でも行きたいのが本音。
タクシーにでも・・・と考えたけれど往復1万円ほどになれば、経費がかかりすぎる。

父の病気を機に両親との距離が大接近した。 
腰が曲がり、耳が遠くなった両親の行動は、超スローテンポで危なっかしい。
イライラすることもあるが、自分の行く道と思い、大きな声で丁寧に話す。

父もなんとか退院してくれて、母も元気に過ごして欲しい。
盲目的に愛し育ててくれた両親に少しなりと孝行がしたい。恩返しがしたい。
私の正直な今の気持ち。


posted by れもん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

父が・・・・

 
 父が胆管結石で、黄疸の症状が出て、入院しました。
去年 胃がんで胃の5分の1を残す大手術を受けて、退院しても体調を壊し、やっと日常の生活に戻れて、本人も家族も喜んでいました。

炎症の原因の結石を取り除く手術が出来ません。 抗生物質で抑え様子を見るしかないようです。
重篤な状態と告げられました。  毎日母と病院に行っていますが、良い表情をしてくれていて、それが嬉しい。

大正15年生まれの二人。今年は米寿。 盛大なお祝いは出来ないけれど、温泉につかって、美味しいご馳走をたべさせてあげたいと思っていたのに、夢に終わるのは嫌だ! 絶対に嫌!
posted by れもん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

山登りの季節到来


先日、3月18日に吉峰山に行ってきました。強風の中を1時間半歩いてきました。 
マンサクがたっくさん咲いていて それは見事でした。 この時期に山歩きなんて始めての経験 楽しかった。

小矢部園芸高校の時のクラスメートが、月に一回 あちこちの山に案内してくれています。
今年の目標は皆勤!!と望みは高い。。。 いえいえ技量が及ばなくて、無理かも。。。。

地図も読めず、磁石の使い方も知らない私のために、初心者向きの本を推薦して貰えた。
これは確かに良い!!   130321_220505.JPG


今年も色々連れて行って貰える。 甲斐駒ヶ岳にも行く予定。素晴らしいでしょ!(^▽^笑)


posted by れもん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

仕事とは

このところの疑問です。 
仕事して賃金を貰う。 だから喜んで貰えるよう気持ちと魂をこめて行う。行ってきた。一人仕事の時はいいけど、仕事をチームでする時、頑張れば頑張るほど、一方で手を抜く人が出てくる。 不公平だ!
損をするのは正直者ばかりだ!  との思いが脳裏から離れません。

どうしたらいいのでしょうか? 私はやり甲斐と誇りをもって働きたいんで
す。
posted by れもん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

左側通行は変ではありませんか?

 「自転車は左側通行」と道路交通法で定められていますよね。この法令に疑問はないですか?

自転車に乗って走る場合、車は後方から走ってくるので、動きがまったく見えません。 恐さを感じられた事ないですか?

これは聞いた話ですが、ある方は「自転車に乗ったときは右側を走ることに決めている。」とのことです。
もちろん違反は承知の上 でも自分の命を他人任せには出来ないとその人の弁でした。

それを聞いた時から、私も自転車の時は右側を走ることに決めました。  幸い田舎のことなので、走行車の妨げにはなっていませんし・・・何より見えない車を背に走る恐怖から逃れられますから・・・・。どなたかご意見をお聞かせくださいませんか。
posted by れもん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

一年間のご無沙汰でした。


 随分更新しませんでした。 また気負わずにつぶやきながら 始めたくなりました。

去年は次から次と、父、母、夫、弟、他にも身近で大切な人達が大病して病院と仲良くなってしまいました。

今も薄氷を踏む思いながら、高齢な父は車を運転して、我が家にシイタケの菌の埋め込みの話に来てくれました。 母はやれやれ元気に・・・と思っていたら転んで打撲、骨折しなくて良かった!! 弟、心臓の手術で心配したけれど、今は仕事を再開している。夫も治療続行中、煙草とは縁が切れなくて、隠れて喫煙中。

でも、でも、4月末には私もおばあちゃんになれる予定!!! 
育児と介護の両立は、不器用な私には無理!! だからみんな自分のことは自分でやってよね!!

私は可愛い孫の世話係を仰せつかっているんだから、孫に専念するんだから・・・・(^▽^笑)

春の兆し、 良いことの前兆、3年前に植えたマンサクが咲いて、嬉しくて心が躍る。
130226_173311.JPG

posted by れもん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

さくらの枝を持って・・・・


今日も父を見舞ってきました。 ただ顔を見てくると、自分の気持ちが落ち着くので

どうしても足が向いてしまいます。


今朝は雪がちらついていました。まだ寒いです。 さくらも花芽が見えるだけの状態ですが、

病室は暖かいし、花好きの父ですから、さくらの蕾が膨らんでいくところも、楽しんでくれると

はずです。 それで庭にあるソメイヨシノの小枝を持って行きました。 



明日、11時に外科の先生より、今後の治療についての説明があります。



小枝の花でも、期待は大きい。 咲いてくれたら、みんなで眺めたいと思います。

 
posted by れもん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

父の病気


 激痛で診察を受けて、そのまま胆のう炎で入院

86歳とはいえ 丈夫で元気で野山を歩き 山林の手入れに精を出して見事なまでの杉林を作り上げて

来た父。

 
ところが、胆のうの手術を受けるための検査中に胃に進行がんが見つかったと

主治医より説明がありました。


2月21日に入院してから、食事がとれず点滴で15日間  それからはおもゆだけ、 いとおしい程に

やせ細りました。 胆のうと共に胃も全摘するとのこと。 術後の食事が心配です。



まさか まさか 私は動揺で気もそぞろ   父は30年前の喉頭がんの時に覚悟は決めているからと

気丈だけれど、目は涙で湿っています。 母も弟夫婦もまだ現実を受け入れらてはいません。


胆のうの手術さえ終えれば、元通り元気になってくれるものと安心していたのですから。


病室は賑やかです。 入れ替わり立ち代わり 孫夫婦にその子供たち。

みんな父の快復を願って、何度となく訪れてくれます。


私には、何にもしてあげられない・・・・せめて笑顔でいよう・・・・・。
posted by れもん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

マッサージの効力


 すいぶん 久しぶりの更新です。 信じられないくらいの時間が過ぎました。

見れば 最終日は去年の8月で、今はもう3月晴れた日の空は青空で、見渡す田んぼは雪源、

でも間違いなく春です。

近況報告をしましょう。 実家の父は85歳で入院中、胆のう炎で手術前です。もう15日も口から

食事がとれていません。  でも病院ではしっかりしていて、いつも笑顔ですから、看護士さんや

同室の方々から 背筋も伸びて、温厚でいいですね〜といつも褒められているもので、

無邪気なほど 本人は気を良くしているんです。(^▽^笑)


この父に私はマッサージをしてあげるんです。マッサージといっても、なでてあげてるって感じ。

話題に事欠くので時間かせぎのつもりで始めました。

ところがその喜びようが凄いんですよ。 こちらがそんなに嬉しいのか???と信じられない

ほどに喜びます。  だからこれからは人の身体にタッチするのは勇気がいるけど、相手の了解を

貰えたらマッサージをしてあげようと思います。


私はこのマッサージの輪を広めたいんです。 そして立場の弱い人に喜んで貰いたいんです。


ほんのちょっとの時間があったら、撫でてあげるだけでもいいんです。 


ほんとうに喜んで貰えますから・・・・ まずためしにやってみてくださいね。
posted by れもん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

この私が北岳へ・・・


 このようなチャンスが私に・・・・・


不安やら期待やら入り混じった 日本で2番目に高い北岳に登ることが現実になりつつあります。

8月25〜27日 2泊3日で行きます。 25日は早朝4時50分に集合


中学生のとき地元医王山(937)に初めて登って、山が大好きになったけど長い間山に縁が無く

登る機会に恵ぐまれませんでした。 それが園芸高校で知り合ったクラスメートがあちこち案内して

くれるのです。 

今年になって、牛岳 人形山 白木峰 先月は白山に1泊2日で登り 今度が北岳 来月は袴腰山と

三方山に行きます。

「知らぬが仏」「身の程知らず」「向こう見ず」・・・・すべてが当てはまる

土素人のれもんだけれどどうしても行きたいんです。 行きたくて、行きたくてたまらない。


年齢的にも体力的にもこの機会を逃せば次がない。と思うからお声がかかれば二つ返事で参加申し込

みします。

でも今月の始めにあった立山「五色が原」には、私ばかりが出かけて申し訳がなくて、

流石に家族には言えず不参加とした。 でも心は未練たっぷりで、今も残念で仕方が無い。


その他にも園芸高校専攻課のクラスメートは多才であれこれ企画されて 参加したい行事が目白押

し・・・・   卒業はしたけれど当分退屈はしそうにない。(^▽^笑)


posted by れもん at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

 手首の鈴


 母は八十代半ばです。

弟夫婦が、昼食に帰り再び仕事に戻る生活を続けているので、お昼の食事準備は母の担当です。

歳のせいなのか、忘れて鍋をこがしたを何度かして「火事にでもしたら」・・・・と

心配していました。

IHにしたら・・・・と話してはいましたが、即座に出来るはずもなく時間は過ぎていきました。


そして先日、実家を訪ねたら手首におおきな鈴をつけているのです。 

コンロを使っている時に付けているとのことで、母なりの苦肉の策でした。

相談を受けても、IHしか思い浮かばない私と手首の鈴を考える母  この差に驚きました。



そう言えば 母は料理が好きで 中学 高校の六年間 少ない食材を工夫して彩り良く、美味しい

弁当を毎日持たせてくれたものです。  


その母が27日に手術します。  どうか どうか元の元気な生活に戻れますようにと祈ります。


posted by れもん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

子猫は育ちませんでした。



しばらくすれば 子猫が大きくなって、私達のそばに親ネコがつれて来てくれる。とその日を楽しみにしていました。

子猫をくわえて、来てはくれたものの、その子猫は息絶えていました。黒いネコ、続いてメケ、どうやら4匹 みんなダメだったようです。 なぜか原因はいまだにわかりません。

気をとり直して 子猫の世話をしなくても良くなった親猫を、捕まえて避妊手術のために病院へと思っていた矢先、もうオス猫が来ています。 とても捕まえられる状態ではありません。

また秋猫の心配をしなくてはなりません。

息子は「妙な同情心が、今を招いた」と手厳しい。。。

どうしょう。。。。  ほんとうに困りは果ている れもんです。

posted by れもん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

親ネコ  子ネコ


このところ、我が家の話題はネコのことです。 今年の冬は大雪で、本当に大変だった。

そんな中、やせ細ったノラネコが車庫に入り込み震えていて、見るに見かねてエサを与え、

寒かろう。。とペットボトルにお湯を入れて置いた。そしてまま居ついてしまった。

   110627_151913.JPG110629_124358.JPG


どのような目に合ったのか、警戒心が強く、未だに気を許してはくれません。

そのネコが母となり、4匹の子猫を生みました。 


110629_172253.JPG  110629_172402.JPG

110629_172155.JPG

なんともかわいい。(^▽^笑)

見つけだして、写真に収めた次の日の朝、子猫4匹の姿は消えた。 母猫が隠した???

里親になってくれる人を、生まれる前から方々にお願いし、生まれたらしい気配につづき、子猫の居場所発見、

子猫行方不明騒動にと話題には事欠かない。  すっかり我が家の猫になったノラ猫家族の

後日談 楽しみにしていてくださいね。
posted by れもん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

  楽 味


  お姑さんに昇格して、もうじき3年 

よくぞ我が家に・・・ 久乃ちゃんは申し分のないお嫁さん。 
朝食は久乃ちゃんが担当してくれるので、お弁当は作らなくても良くなったし、その時間は何でも出来る。 

「なんとなんと幸せ」と嬉しかった。  それが今は慣れっこになってしまって、有難いと思う気持ちが、薄れてきた。  

楽味
とはこのことだったんだ。 有難い気持ちが普通になり、そのうち傲慢となるんだろうなぁ〜〜

そうならないように気をつけなくては・・・・・

反省しきりのれもんです



posted by れもん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

 木蓮の花



 ご近所の木蓮の大木に 花が真っ盛り。 

遠くからまるで、目印のようによく見える。 ほんとうに綺麗。 見惚れます。


   110415_121504.JPG


花言葉は 「自然への愛」だそうです。

posted by れもん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

「大丈夫ですよ」は看護師さんの口癖? 咽頭喉頭水腫


誰が悪い訳ではないけど、取り返しのつかない事故は起きてしまう。


ピアノの演奏のとき 袖なしのドレスを着るから腕の種痘の跡を消したい。手術は自体はそう難しくはないしだったら・・・と思いますよ。20歳の娘さんだもの。

手術が終わって病院より与えられたジュースが飲めないと付き添いの母親に云い、母は看護師さんに訴えた。


大丈夫ですよ。そんな方もありますから」と・・・・


母は安心して病室に戻ったら娘は眠っていて、着替えの用意に病室を離れ、一時間後に戻って 息をしていない娘を見た。

手術は皮膚移植のため全身麻酔で行われ その合併症の咽頭喉頭水腫で窒息しての死亡とのことでした。


大丈夫ですよ」の看護師さんの言葉に患者側は本当に救われる。
でもそれは本当に大丈夫だった時のこと。
万に一つ 異常があったときには致命的な言葉になる。  口癖であっては絶対にいけない。



私はこれから介護を学ぶ。 看護と介護の違いも分からない未熟者だけど この話を聞けたことは大きい。 肝に銘じて忘れないようにしたい。



ペンギンさんのブログより http://blog.goo.ne.jp/hiro8724-2007/
ありがとうございました。


posted by れもん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

ものづくり講座



今朝出勤したら、これまでに作られた作品のコーナーが出来上がっていました。

   110404_073651.JPG

木工製品はいいですね。使い込めば込むほど 独特の艶もでて手触りも滑らかになるし・・・・

それを自分が作るとなれば愛着もひとしおですよね。

職場には、そんな作品がさりげなく置かれていて、とっても素敵なんです。


内心は私もこの講座を受講したいのですが、勇気が出ない。

木を切る機械は使ってみたいけど怖い。 真っ直ぐに切ること出来そうに無い。 

隅はきちんと合うはずがない?


そんなわけで、職場のみなさんに自分の不器用さがバレてしまうでしょう。 それはまずい。。。


姿勢をただし、落ち着いて、素早く行動して・・・・と職場では精一杯 れもんは背伸びしてるんです。

(^▽^笑)




 
posted by れもん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

江ざらい


毎年 3月の最終の日曜日は江ざらいの日と決まっています。地区をあげての行事なんです。

私はこの日が楽しみです。 桜が咲いていたり、今日のように雪だったり・・・・


   110327_070424.JPG


その年で気候が違うのが実感出来ます。

ささやかな変化を気付くことがあるんです。  

例えば今年は藻が多かった。藻ってどんな条件だったら繁茂するのでしょうか? 

そしてドジョウや貝類など小動物がさっぱりいませんでした。

なぜでしょう?? 水温なのか?水質なのか?水の流れの速度が関係あるのか???

不思議です。


posted by れもん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保育園見学



園芸高校でのクラスメートだった方より、3月26日に保育園の竣工式のあと内見会があると案内を頂いたので、出かけて来ました。

   110326_140340.JPG

   110326_140715.JPG

   110326_142859.JPG


真新しく機能性のある園内と、グランドには彼女らしく園児と育てる野菜畑のコーナーまで設けられていました。(ジャガイモを植えるとのこと)

以前、保育園実習を経験したことがあるから興味をもって見学出来ました。

細い身体のどこにあの溢れんばかりのパワーがあるのか・・・・
いつもいつも笑顔で、立ち上げから頑張って、漕ぎつけた日 私も嬉しかった。楽しかった。

天性の仕事 身体を壊さない様に気をつけて欲しい。 

目標を持って努力を重ねる人は、どこまでも素晴らしい。  頑張ってね。


posted by れもん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

あらら・・・ 休園日でした。



用事の帰りに、久しぶりに町内にある植物園に行ってきました。
http://floralpark.city.nanto.toyama.jp/webapps/index.jsp

急な思いつきで足が向いたのですが、今日は休園日だったんですよね。  

入り口にはこんな素敵な立て看板もあったし

   110322_122607.JPG

このように開園中になってたし・・・・・

   110322_122949.JPG

それで駐車場から距離のある館内のほうまでいったら、カギが閉まっていて休園日だったことが、分かりました。残念!

諦めきれず温室のマーガレットを外から眺めて
   110322_122332.JPG

園内を散策  もうじき開花のサンシュの黄色い蕾や
   
   110322_122701.JPG

咲き終わり間近のマンサクを観て帰りました。  

園芸高校を無欠席で卒業出来て、良い事もあったのに、年明けからいろんな事がありすぎて

気持ちがほぐれなかったのです。

今日は命の洗たくが出来ました。田舎の植物園はのどかでいいです。  休園日でも園内を散策できます。もちろんいつでも無料ですしね。


春はもうじき・・・・  桜が咲けばまた行って観よう。     

posted by れもん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。