2010年03月28日

やっと出来た「襟元をドレープにしたベスト」


前に楽しみにしていて下さい。 などと大口をたたいたベストがやっと出来上がりました。

    100328_161333.JPG

    100328_161009.JPG

    100328_161733.JPG

いかがでしょうか?

この図案を見て聞いた時、袖がないし簡単よ。とおっしゃったのに
実際はとっても難しかった。

 ○ ネクタイはバイヤスなので、アイロンをかけると伸びてしまう。
 ○ ネクタイの色合わせがうまくいかない。
 ○ ネクタイの布地の素材や幅が、それぞれ違うのでやりにくい。
 ○ 裏地をつけたことは一度もない。
 ○ 千鳥縫い、奥まつりって何のこと? などなど

何度やり直したことか・・・布の前で途方にくれるばかりでした。
それでも投げ出さなくて良かった。(^▽^笑)

これは教室のベテランさんが着ておられた作品です。

    100326_112738.JPG


次回は趣味で楽しんでいるダンスのドレスを縫う予定です。

ど素人の私に出来ようはずもないのですが、先生は「プロが教えてあげるのよ。出来ないはずないでしょう。」っておっしゃるのです。

そうおっしゃって下さるチャンスをのがしたら、次のチャンスはない。と思うので、決死の覚悟 身の程知らずの挑戦です。
 

posted by れもん at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

 洋裁 難しい。。。


タイトルが <衿元をドレープにしたベスト>サブタイトルは 「流れるような斜めの切り替えがおしゃれ・・・」

今、教えて頂いているベストはネクタイを使っています。
ネクタイはバイアスなのでつなぎ合わせたあとは 型紙と大幅に違いました。 何度もやり直した。

5枚のネクタイは生地の素材がそれぞれ違うし、センスのない私は、色取が悪くて・・・

裏地が付くのですが、最初はアラ裁ちするんですって・・・言葉さえ解らない初心者。難しすぎる。

挫折は絶対に嫌なので、なんとか生地の前に座るけれど、心が弾まない。 こんな重い気持ちで良いものが出来るはずはない。

昨日も補習に出掛けたけれど、先生の言っていらっしゃる意味がつかめない。 
自分への意地だけで仕上げまで、たどり着くことに意味はあるのかしら???

posted by れもん at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

洋服が仕上がりました。


毎週金曜日の2時間、洋裁を教わることが出来ることを知り今月の12日からお願いしました。

ずぶの素人。知らないことの強みで、最低2枚は同時進行しないと理解出来ないと思って、生地を裁断しました。

ところが皆さんとてもお上手。10年以上通っていらっしゃる方もあるとかで、製図から3回目で仕上がり。  私は洋裁用語さえも知らず、仮縫いとしつけ縫いの区別も出来ない有様。コンシールとはファスナーの事なんですね。 洋裁にはロックミシンも不可欠とのことで、慌てて購入。

補習授業もお願いして、必死の思いでやっと完成までにこぎ着けました。
どうか誉めてくださいね。(^▽^笑)

   100225_105650.JPG 


   100225_105434.JPG


100225_105745.JPG

これで落ちこぼれずに済みました。 
同じ型紙で縫ったですが、雰囲気は違うものですね。

次回はネクタイを使ってのベストです。 センスがものをいうのですって・・・楽しみにしていてください。
posted by れもん at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

良い知らせ(裁縫能力)


冬は、大好きな園芸が出来ないのでつまりません。

その穴埋めとして一昨年より、冬は裁縫をすると決めました。ですが、全くの自己流 身体に馴染んだ服を解いて、それに合わせて型紙をとるといった情けないやり方なのです。

中学生の頃 家庭科でブラウスや浴衣を縫った記憶をたどっても、役にたってくれないのです。 

これはやっとの思いでとった型紙です。
 
   091214_091931.JPG

出来上がりのインナー

   100207_205022.JPG


はじめは初夏に着る、袖のあるブラウスになる予定だったんです。

ところが身頃が大きくなり袖まわりが狭くて、どうしても合わないの
です。  反対でしたら、ギャザーを入れてなんとかなったかも・・・・? なんて言い訳です。

裁縫をする能力がないのです。  教わりたいと思っても 今では洋裁教室なんて、どこにもありません。

それでも「無駄かもしれない」と諦めつつも「誰か洋裁教えて下さる方ないでしょうか?」と事あるごとに尋ねていました。

「叩けよ さらば 開かれん」ってことわざありましたっけ?

今日電話があったんです。 知り合いの知り合いだとおっしゃる方から・・・・ 高岡で教えて下さる方がいらっしゃると。
今度の金曜日にお会いすることになりました。(^▽^笑)

これで少しは前に進めるかしら? 上手になれるでしょうか?
楽しみにしていて下さいね。
posted by れもん at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

園芸高校で・・・


 1限目にローズマリーとカモミールのハーブティの入れ方とハーブをアレンジしたクッキーの焼き方を実習 
カモミールは一人分として花を5個水洗いしたのち 熱湯を注いで 5分間していただく 香りも味も良かったが2限目の睡魔には参った。
3限目に挿し木 挿し芽 取り木などを教わって、実習はツユクサ科のセブリナ・パンドゥナの吊り蜂 

   090603_131518.JPG

これから芽が伸びて垂れ下がり ツユクサのようなかわいい花を咲かせてくれる予定(^▽^笑)

毎回なにかしらの「おみやげ」があってこれも嬉しいことの一つ
家族に自慢が出来る。。。
posted by れもん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

玉ねぎ


 見よう見まねの野菜つくりで去年植えた玉ねぎは
 今のところとてもいい出来栄えです。

  090405_150524.JPG

 草とりをして表面の土をほぐしたら ますます生育が良くなりまし た。  玉ねぎは肥料あたりがしないから 安心して作れると聞い たんです。 でも肥料が多すぎるととうたちしてしてしまうとも聞 いています。 今の状態がほんとうはいいのか 悪いのか 収穫の 時期にはっきりします。 (^▽^笑)
posted by れもん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

鉢植えの手入れ終了!


 冬の間に片付けていた鉢物を日当たりの良い場所に出して、土をほぐして肥料をいれるまでを3月中に終えたいと思っていました。
今月最後の日曜日の今日ギリギリでやっと間に合いました。

 090329_180448.JPG

 上はアジサイの鉢です。

 090329_180537.JPG

 一昨年挿し木したり 種をまいたりしたポット植え

 090329_180628.JPG

 090329_180600.JPG

 急ぎすぎたかもしれませんが、今度は去年挿し木したものがいっぱいあるので、ポットに移し変えて 花や野菜の種まきする前に済ませたいのです。

次から次とやりたいことばかり・・・ 
育っていく様の楽しみなこと  夢中になります。 (^▽^笑)
 
 
 
posted by れもん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

ミシンについて


 図書館から借りてきた本です。

  090220_230144.JPG

 考えてみたらミシンのことは何も知りませんでした。
縫糸通しや糸調節のことなど、縫うことばかりに気をとられて、
構造や歴史や進化していること ミシンの種類など、
この本を立ち読みしてたらいろいろな興味が次々とわいてきたんです。

子供向けの本は 私向きでもあります。 
要点がわかりやすくて、とっつき易くて 
特に難しく思うことについては易しい内容から
はいっていかないと身体が拒絶反応をします。 
歳を重ねたからでしょうか?


 そうそう初心者の私は少しばかりお勉強の必要がありそうと
前回のスカートで気が付いたので、スカーフをたくさんか縫って、
ミシンと生地に慣れることから始めることにしました。  綺
麗に仕上げることを目標にして出来たら 
母や仲良しのお友達に貰っていただこう。。。(^▽^笑)

posted by れもん at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

出来ました。(スカート)

 やっと出来ました。  
   
   090217_214026.JPG


仕上がりはしたけれど出来栄えは30点 甘く見ても40点というところかしら。 
今回は教材と思うことにして次回からはもっと丁寧に縫い込まなければ・・・・・
失敗を恐れていては、前に進めない。


布地選びはほんとうに大事なことでした。
動きやすさと柄(模様)にとらわれて選んでしまったのは失敗。

とにかくいろんな生地でいろんなものを作って失敗を繰り返しても
めげないでイメージ通りの洋服が縫えるようになりたいものです。

posted by れもん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ベルト部分は仕上がりました。


 ようこそ ももちゃん〜♪

コメントありがとう! 

なんとかベルト部分をまつり縫いしました。 ももちゃんに触発されてお裁縫はじめたけれど 縫い目が揃わなくてガタガタ ここまで不器用だったなんて・・・ 
知らなかったとはいいことだ!(^▽^笑)

次回は裾を仕上げて終わり!!!の予定

お裁縫用語から知らないれもんです。
ももちゃんまた色々アドバイスお願いしま〜〜す。
posted by れもん at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

ベルトはつけたけれど・・・・


 ベルトはなんとか縫い付けましたが、ベルト部分の仕上がりまではもっていけませんでした。

やはり収縮する生地は難しいです。 
型紙を採った時も裁断した後もきちんと計ったし、
確認もしたのに、いざベルトを取り付けようと
すると約1pベルトの寸法が足りないのです。 
今更どうしようもないので 縫い代を半分にしました。

ミシンの速度は一番遅くしているんですが、そのなかでも速度が遅くなったり早くなったり・・・・ こたつのサーモスタットが付いたり消えたりしているからかしら?


ミシン操作は少し慣れて、異常音するときは糸が外れてしまっているせいであることが分かったし、
押さえ金具の取り付けも針の糸通しも
手間取らなくなりました。 

仕上あがりの予定 大幅に遅れつつあります。 2月中に2枚仕上げようようと思ったけれど、そうは「問屋がおろさない」みたい・・・
posted by れもん at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

形になったかな?


切り替え部分を縫って、アイロンをかけ両サイドも縫ってぬったと
ころもアイロンがけして縫い目を落ち着けました。
 
   090213_234740.JPG

何か分かるでしょうか?
一応 パンツの上にはくスカートのつもりなんです。

切り替え部分を縫って、アイロンをかけ両サイドも縫ってぬったと
ころもアイロンがけして縫い目を落ち着けました。


裾の部分の縫いを代2pか2.5pにすべきでした。
縫い代を全部1pにしてしまったので予定の寸法より短く出来上が
る。今になって出来上がり寸法がもう少し長いほうが良かったと
思っているので、 反対に短くなるのは痛いです。

仮縫いしないで、すぐ本縫いの手抜き きちんと順序を守るのが
綺麗に失敗なく仕上げるための大事な基本・・・・分かっていながら収縮性の
ある生地は少々のことは補えるのでは・・・と甘えてしまいました。

次回は裾とベルトを仕上げるつもりです。

posted by れもん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

生地を裁断しました。


 昨日ではなくて今朝2時までかかり生地を裁断しました。

   090211_212603.JPG

 収縮性のある生地は初心者には、難しいと言われた意味がわかりました。 
よく切れるハサミを使ったのに 切り口はノコギリのようにギザギザになり、苦労したけど すっきりした直線ににはなりませんでした。

縫い代には1pとりましたがそれでいいのかしら??


 さて夜 今ほどまでミシンと悪戦苦闘  
新調したミシンなので添付されているビデオテープを見ながら、
何度も停止して、ミシンの機能を覚えて、裁断した生地を 「たち目かがり」 まですませました。 今どきのミシンのボビンは横向きにセットするのですね。 前まで使っていた物は縦でしたし、今は使いやすいように上糸のかける順の表示もされています。

ここでも収縮性のある生地は、押さえ金具に巻きついて進んではくれません。 布地送りが自動的に送ってくれるものと思い込んでいたんですが、この生地は手助けの必要がありました。
けっして綺麗な出来栄えとは言えないけれど 慣れて最後の部分は70点くらいね。


次回はしつけ縫いをして、形つくりまでもっていきたいです。


現実逃避できる場所があって良かった。 
今そう思っています。 元気になります。


 
posted by れもん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

型紙を生地に並べてみました。


 告白します。実は収縮性のある生地を扱うのは始めてなのです。

それから縦地 横地の見分け方も自信がないほどのズブの素人なのです。 それでも生地の耳や模様、引っ張って伸び具合から判断して
型紙をつくりのせてみました。 

 090209_235055.JPG

これで裁断に入ってもいいのでしょうか?

三枚の生地のうちムラサキの透きとおっている布地はウェデングドレスを縫ってしまうももちゃんでさえも難しいとか・・・・
不安だなぁ〜〜出来上がるかしら?
posted by れもん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

布地が手にはいりました。


「叩けよ、されば開かれん」という言葉ありましたよね?

 ほとんど執念で探し回っていた布地を買うことができました。
レジロン糸がいいと教えていただきました。

  090207_212032.JPG

  090207_212112.JPG

  090207_212209.JPG
  
   
   
とても良心的で品数も多くステキな布地がいっぱいありました。
はやく上手になってたくさんの洋服を縫いたい。。。。
夢は広がるばかりだけれど まずは簡単なものから始めないとね。
(^▽^笑)
posted by れもん at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

時の流れを感じます。(服地がない)


寒いこの時期は好きな土いじりもできないので時間を持て余します。

冬になったら趣味のダンスで着る洋服にチャレンジしょうと考えていました。

その昔 家庭科でスカートやブラウスを縫ったし卒業してからは洋裁教室にも通ったりした。、子供が小さい時は汚れ防止にエプロンや夏服も作ったことも。それからずい分たったけれど、なんとかなるさ。

ミシンを新調して さて服地を買いに行こう!!

ところが服地をどこで求めたらいいのか誰に聞いても分からないのです。
手芸屋さんにあったのは木綿の生地ばかり・・・・私の欲しいものではありません。
仕立てする洋服屋さんもありません。  もう既製品の世の中になってしまっているのですね。

既製品のほうがいいデザインで種類も豊富だし そう高くはないし
ほれたりする粗悪品もない。 わざわざ作ることはない。

あ〜〜 だけどどこかさみしい。 お手製の服を縫える世の中ではなくなっている。 時間をかけて夢中で仕上げていくあの喜び 楽しさをもう一度味わうことは出来ないのでしょうか?

「昔は良かった」とつい言いたくなる今日この頃です。
posted by れもん at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。