2011年07月23日

 手首の鈴


 母は八十代半ばです。

弟夫婦が、昼食に帰り再び仕事に戻る生活を続けているので、お昼の食事準備は母の担当です。

歳のせいなのか、忘れて鍋をこがしたを何度かして「火事にでもしたら」・・・・と

心配していました。

IHにしたら・・・・と話してはいましたが、即座に出来るはずもなく時間は過ぎていきました。


そして先日、実家を訪ねたら手首におおきな鈴をつけているのです。 

コンロを使っている時に付けているとのことで、母なりの苦肉の策でした。

相談を受けても、IHしか思い浮かばない私と手首の鈴を考える母  この差に驚きました。



そう言えば 母は料理が好きで 中学 高校の六年間 少ない食材を工夫して彩り良く、美味しい

弁当を毎日持たせてくれたものです。  


その母が27日に手術します。  どうか どうか元の元気な生活に戻れますようにと祈ります。


posted by れもん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216343735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。