2010年05月03日

ヒラタケ


ヒラタケの原木は、ブナ、サクラ、トチ、ヤナギなどの木なのだそうです。

去年 晩秋のころ実家よりヒラタケがびっくりするほどたくさん届きました。

聞けば 父が菌を埋め込み 栽培したものだと言うのです。
そして「食べ飽きた」などと・・・(^▽^笑)

私も食べ飽きるほど、食べてみたい。。。
すぐに、父に原木が欲しいと頼み込みました。


そのヒラタケの原木が、我が家に運び込まれました。

   100429_155828.JPG


   100429_155952.JPG

この原木の太さ、私には持てない重さでした。
84歳の父はこの木を山から、どうやって運びだしたのでしょう。
菌もたくさん入っていました。  

   
   100429_154812.JPG

これはカヤ(ススキ)で出来ています。乾きすぎては、ヒラタケが出て来ないから、日陰にするために父が編んだものです。

さらに我が家の所定の位置に運ぶために、一輪車にローブまでかけて、車の荷台に積んで来てくれたのです。

これを見て、罪なことを言ってしまった・・・・・と思いました。
どんなにこそ 時間と体力が要ったことでしょう。

背中が丸くなり、私より背丈が低くなった父に、私は何もしてあげられない。 充分過ぎる。。。。ありがたい。ただただありがい。

ほんとうにありがとう。ごめんなさい。とうちゃん。
posted by れもん at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、親っていくつになってもいいもんですね。いくつになっても、貴方の子供ですから。
Posted by tom at 2010年05月16日 17:26
こんばんは ♪ tomさん

自分も親なんだけど 両親ほどのことは子供にはできないなぁ〜って思います。 「親の恩は子に返す」と言われるのに・・・・
なぜかしら?考えてしまいます。
Posted by れもん at 2010年05月17日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。