2010年03月14日

  母


 一昨日実家の母より電話が入りました。
家人がそれぞれの予定で家をあけて、誰もいないから一晩泊まりに来て欲しいというものでした。

子供の頃から大家族の中で過ごしてきた母は一度たりと一人で留守番した事がないので寂しいと言うのです。 「ほんまかいな?」

そして私が長い間単身赴任の夫の留守を幼子と守っていた当時、なんと強いと感心していたとも・・・・

母は、年を重ねながらも 行動的でおしゃれで勉強家で、孫やその子供からも慕われて、私のほうこそ芯の強い素敵な人に見えていたので、気弱な面のあったのね。実に以外。

母のことは何でも知っているつもりだったのに、それは私の思い込みだった。 もっともっと話しなくちゃね。 次回は母の子供のころの話など聞きたいな〜〜(^▽^笑)

posted by れもん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143647056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。