2010年02月07日

良い知らせ(裁縫能力)


冬は、大好きな園芸が出来ないのでつまりません。

その穴埋めとして一昨年より、冬は裁縫をすると決めました。ですが、全くの自己流 身体に馴染んだ服を解いて、それに合わせて型紙をとるといった情けないやり方なのです。

中学生の頃 家庭科でブラウスや浴衣を縫った記憶をたどっても、役にたってくれないのです。 

これはやっとの思いでとった型紙です。
 
   091214_091931.JPG

出来上がりのインナー

   100207_205022.JPG


はじめは初夏に着る、袖のあるブラウスになる予定だったんです。

ところが身頃が大きくなり袖まわりが狭くて、どうしても合わないの
です。  反対でしたら、ギャザーを入れてなんとかなったかも・・・・? なんて言い訳です。

裁縫をする能力がないのです。  教わりたいと思っても 今では洋裁教室なんて、どこにもありません。

それでも「無駄かもしれない」と諦めつつも「誰か洋裁教えて下さる方ないでしょうか?」と事あるごとに尋ねていました。

「叩けよ さらば 開かれん」ってことわざありましたっけ?

今日電話があったんです。 知り合いの知り合いだとおっしゃる方から・・・・ 高岡で教えて下さる方がいらっしゃると。
今度の金曜日にお会いすることになりました。(^▽^笑)

これで少しは前に進めるかしら? 上手になれるでしょうか?
楽しみにしていて下さいね。
posted by れもん at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情けないと言うより、手間をかけるね〜^^
近くだったら、型紙作ってあげられるのにね・・・
先生とご縁があるといいね^^お裁縫は楽しいです。
針が持ちたくなりました♪
Posted by もも♪ at 2010年02月10日 22:04
ようこそ ももちゃん !

ももちゃんちがご近所で洋裁教室を開いてくれたなら、いの一番でお弟子さんになれたのに・・・・ パンとケーキの教室にも通えるし〜〜最高なんだけれどね。  

ももちゃんから受ける影響は絶大だわ (^▽^笑)
Posted by れもん at 2010年02月11日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。