2009年09月20日

夏の名残り(日焼け)


 園芸高校の友人が「背中まで日焼けしてしまった。見ていいよ」と言うので見せてもらいました。「これじゃ来年の夏まで持ち越しやね」と人事気分でその場は終りました。


私はこの夏 外の作業をする時は日焼けしたくなかったので 暑つくても長袖を着て目だけ出る帽子をかぶっていたし 日焼け対策は万全と思っていたので自分は大丈夫と信じ込んでいたのです。 ところが家に帰って鏡に背中を写してみてびっくり!!! ガックリ!!! 私もしっかり日焼けしていました。 いつ頃消えるのでしょうか? 紫外線は洋服まで透すなんて。。。。そのことに想像が及びませんでした。


そういえば実家の母は会うたび黒くなっていきました。80歳半ばの母
ですが働くことが大好きで一時たりともじっとしておられず畑仕事にいそしんでいます。 その母の背中が黒く光っていたのです。
母にとって 日焼けは元気の証なのです。
posted by れもん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | れもんのガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128481969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。