2009年02月15日

ベルトはつけたけれど・・・・


 ベルトはなんとか縫い付けましたが、ベルト部分の仕上がりまではもっていけませんでした。

やはり収縮する生地は難しいです。 
型紙を採った時も裁断した後もきちんと計ったし、
確認もしたのに、いざベルトを取り付けようと
すると約1pベルトの寸法が足りないのです。 
今更どうしようもないので 縫い代を半分にしました。

ミシンの速度は一番遅くしているんですが、そのなかでも速度が遅くなったり早くなったり・・・・ こたつのサーモスタットが付いたり消えたりしているからかしら?


ミシン操作は少し慣れて、異常音するときは糸が外れてしまっているせいであることが分かったし、
押さえ金具の取り付けも針の糸通しも
手間取らなくなりました。 

仕上あがりの予定 大幅に遅れつつあります。 2月中に2枚仕上げようようと思ったけれど、そうは「問屋がおろさない」みたい・・・
posted by れもん at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見たよ〜ん^^ 問屋がおろさないのがお裁縫・・・色々なアクシデント落とし穴が〜〜〜><
れもんちゃん、あのスカートみたいなの似合うからなぁ〜・・・
ベルトの寸法が合わないって・・・芯を貼るときに縮んだのかもね〜ニットでは良くあることです^^蒸気を当てるだけでも縮むよ〜

縫いかけのエプロンを仕上げなければ・・・
Posted by もも at 2009年02月16日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114309094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。