2009年02月11日

生地を裁断しました。


 昨日ではなくて今朝2時までかかり生地を裁断しました。

   090211_212603.JPG

 収縮性のある生地は初心者には、難しいと言われた意味がわかりました。 
よく切れるハサミを使ったのに 切り口はノコギリのようにギザギザになり、苦労したけど すっきりした直線ににはなりませんでした。

縫い代には1pとりましたがそれでいいのかしら??


 さて夜 今ほどまでミシンと悪戦苦闘  
新調したミシンなので添付されているビデオテープを見ながら、
何度も停止して、ミシンの機能を覚えて、裁断した生地を 「たち目かがり」 まですませました。 今どきのミシンのボビンは横向きにセットするのですね。 前まで使っていた物は縦でしたし、今は使いやすいように上糸のかける順の表示もされています。

ここでも収縮性のある生地は、押さえ金具に巻きついて進んではくれません。 布地送りが自動的に送ってくれるものと思い込んでいたんですが、この生地は手助けの必要がありました。
けっして綺麗な出来栄えとは言えないけれど 慣れて最後の部分は70点くらいね。


次回はしつけ縫いをして、形つくりまでもっていきたいです。


現実逃避できる場所があって良かった。 
今そう思っています。 元気になります。


 
posted by れもん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114079267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。