2012年03月19日

さくらの枝を持って・・・・


今日も父を見舞ってきました。 ただ顔を見てくると、自分の気持ちが落ち着くので

どうしても足が向いてしまいます。


今朝は雪がちらついていました。まだ寒いです。 さくらも花芽が見えるだけの状態ですが、

病室は暖かいし、花好きの父ですから、さくらの蕾が膨らんでいくところも、楽しんでくれると

はずです。 それで庭にあるソメイヨシノの小枝を持って行きました。 



明日、11時に外科の先生より、今後の治療についての説明があります。



小枝の花でも、期待は大きい。 咲いてくれたら、みんなで眺めたいと思います。

 
posted by れもん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

父の病気


 激痛で診察を受けて、そのまま胆のう炎で入院

86歳とはいえ 丈夫で元気で野山を歩き 山林の手入れに精を出して見事なまでの杉林を作り上げて

来た父。

 
ところが、胆のうの手術を受けるための検査中に胃に進行がんが見つかったと

主治医より説明がありました。


2月21日に入院してから、食事がとれず点滴で15日間  それからはおもゆだけ、 いとおしい程に

やせ細りました。 胆のうと共に胃も全摘するとのこと。 術後の食事が心配です。



まさか まさか 私は動揺で気もそぞろ   父は30年前の喉頭がんの時に覚悟は決めているからと

気丈だけれど、目は涙で湿っています。 母も弟夫婦もまだ現実を受け入れらてはいません。


胆のうの手術さえ終えれば、元通り元気になってくれるものと安心していたのですから。


病室は賑やかです。 入れ替わり立ち代わり 孫夫婦にその子供たち。

みんな父の快復を願って、何度となく訪れてくれます。


私には、何にもしてあげられない・・・・せめて笑顔でいよう・・・・・。
posted by れもん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

マッサージの効力


 すいぶん 久しぶりの更新です。 信じられないくらいの時間が過ぎました。

見れば 最終日は去年の8月で、今はもう3月晴れた日の空は青空で、見渡す田んぼは雪源、

でも間違いなく春です。

近況報告をしましょう。 実家の父は85歳で入院中、胆のう炎で手術前です。もう15日も口から

食事がとれていません。  でも病院ではしっかりしていて、いつも笑顔ですから、看護士さんや

同室の方々から 背筋も伸びて、温厚でいいですね〜といつも褒められているもので、

無邪気なほど 本人は気を良くしているんです。(^▽^笑)


この父に私はマッサージをしてあげるんです。マッサージといっても、なでてあげてるって感じ。

話題に事欠くので時間かせぎのつもりで始めました。

ところがその喜びようが凄いんですよ。 こちらがそんなに嬉しいのか???と信じられない

ほどに喜びます。  だからこれからは人の身体にタッチするのは勇気がいるけど、相手の了解を

貰えたらマッサージをしてあげようと思います。


私はこのマッサージの輪を広めたいんです。 そして立場の弱い人に喜んで貰いたいんです。


ほんのちょっとの時間があったら、撫でてあげるだけでもいいんです。 


ほんとうに喜んで貰えますから・・・・ まずためしにやってみてくださいね。
posted by れもん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。